【秩父】背脂チャッチャ系の王道ラーメン店「いとう」。裏メニューもご紹介!

背脂チャッチャ系ラーメンという言葉をご存知でしょうか?

最近あまり使われなくなりましたが、おそらく知らない間に食べたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、秩父では珍しい背脂チャッチャ系ラーメン店「いとう」についての紹介です。

背脂チャッチャ系ラーメンとはいったい何なのか。そもそもチャッチャとはどういう意味なのか。
それについても、説明していきます。

関連ランキング:ラーメン | 御花畑駅西武秩父駅秩父駅

西武秩父駅から車で5分

らーめん屋いとうは、西武秩父駅から車で5分、御花畑駅からなら徒歩でも5分くらいで着く場所にあります。

ベスト電器の駐車場の一角に入っているような立地で、駐車場は共用できますので、車での来店は可能です。

道路と並行に店の入口があるため、「いとう」を探していると初めての場合には見つけにくいかもしれません。その場合にはベスト電器を目印にすれば間違いないでしょう。

待ち時間はほとんど無し

「いとう」はほとんど待ち時間無く食べられます。
ちょうどお昼の時間に行くと少し待つくらいです。

観光客はあまりいなく仕事の昼休みに来るお客さんが多いので、昼時を避ければまず待つことはありません。

あと、ご飯や餃子などのサイドメニューが無いんですよね。
そのおかげで、かなり回転が早いです。

これぞ背脂チャッチャ系ラーメン

背脂チャッチャ系とは?


この写真を見てください。

スープ表面を覆う大量の背脂。

スープを飲んでるのか背脂を飲んでるのか分からなくなります(笑)
ただ、このスープのしょっぱさと背脂の甘みとコクが上手くマッチして絶妙な味になってるんですよね。

そもそもチャッチャとは?

そもそもチャッチャとは、

スープにコクを出すために煮込んだ豚の背脂をスープに入れること。丼の上から網で背脂をチャッチャッと漉しながら振りかける動作から使われるようになった

とのことです。

そう言われると、背脂が大量に浮いてるスープは飲んだことあるな~って思い出しませんか?
そう、それが背脂チャッチャ系ラーメンです。

最近では、わざわざ丼の上からチャッチャせずに最初からスープに背脂を入れている店が多いようですが、「いとう」ではキチンと毎回チャッチャしています。全席カウンターなので、ぜひラーメンを待っている時間に店主のチャッチャ姿を見てもらえればと思います(笑)

味噌味はピリ辛

背脂の甘みやコクを味わうには醤油味がオススメですが、この店は味噌味も美味しいです。

味噌の風味に少し辛さが追加されます。

筆者も最初は醤油味ばかり食べていたのですが、最近は味噌味ばかり食べています。
背脂の旨みはあまり分からなくなるんですけどね(笑)

少しピリ辛の味噌ラーメンて、基本的に美味しいですよね(笑)

裏メニューに塩味

このお店は券売機で食券を先に購入するタイプのお店なんですが、券売機には無い「塩味」という裏メニューも存在します。

券売機では「醤油味」を購入して、食券を定員さんに渡す時に「塩味でお願いします!」と言えば塩味が出てきます。まあ、個人的には醤油味の方が好きですが(笑)

醤油味も味噌味も食べて、そろそろ新しい味に挑戦したいと思った時には試してみてください。

まとめ

以上、秩父では珍しい背脂チャッチャ系ラーメン店「いとう」の紹介でした。

・西武秩父駅から車で5分。

・待ち時間はほとんど無し。

・基本は醤油、味噌はピリ辛、隠しメニューに塩味あり。

秩父って、中華そば系のお店が多いんですよね。
高齢者が多い土地だからっていうのも関係あるかもしれません。

ただ、あっさりした味ばかり食べていると時にはコッテリした味も食べたくなるもの。

そんな時には、この「いとう」がオススメです。

背脂たっぷりなので女性は苦手なタイプかな~なんて思っていたのですが、意外に女性の客も結構いらっしゃいますよ。

一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です