【秩父】わらじカツ丼と言えば安田屋!行くなら小鹿野店?日野田店?それぞれの特徴やオススメを紹介!

秩父名物のわらじカツ丼

秩父に来た際には、ぜひ食べていただきたい一品です。

そのわらじカツ丼のお店として、一番有名なのは安田屋でしょう。

祝日平日関わらず常に店内は大混雑、外の行列も年々長くなっています。

そんな安田屋ですが、秩父には2店舗あることをご存知でしょうか?
「小鹿野店」と「日野田店」。

初めて秩父に来る方の中には、どちらの店舗でわらじカツ丼を食べようか迷う方も多いと思います。
そう頻繁に来れるわけでもないですし、後悔しない選択をしたいですもんね。

そんなわけで今回の記事では、「小鹿野店」と「日野田店」それぞれの店舗の特徴を書いていこうと思います。

安田屋「小鹿野店」

関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 小鹿野町その他

まずは小鹿野店から。

一応小鹿野店が安田屋の本店です。
吉高由里子がわらじカツ丼食べていたのもこの小鹿野店という噂。(筆者が吉高由里子に会ったわけではないので、噂ということにしておきます笑)

駐車場は近くに町営の無料駐車場があるので、車で行っても駐車場に困ることはありません。
というか、小鹿野町民以外は遠くて車でしか行けないですからね(笑)

利用客も地元の人が多く、秩父っぽい雰囲気を味わえます。
特に昼なんかは、仕事の昼休みにさっと食べに来る地元の人が多いので秩父っぽさを味わいたい人にはオススメです。

食べログの営業時間を見てみると、ランチが11:00すぎ~といった感じで曖昧ですよね(笑)
でも本当にその通りで、11時ピッタリにはなかなか始めてくれません。とはいっても11:30までにはさすがに始めてくれるので、11時くらいに行って並んで待ってるのが良いんじゃないかと思います。

小鹿野店の待ち時間

気になるのが待ち時間だと思いますが、平日なら11時ちょっと前に行けばすぐに食べられることが多いです。地元の人も、11時くらいに昼休みに入って食べにくる人が多いんでしょうね。

土日祝日ならもう少し待つことになりますので、時間が無い人は早めに行って並んでましょう(笑)

安田屋「日野田店」

関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 西武秩父駅

次に、日野田店です。

小鹿野店とは違って、西武秩父駅から徒歩でも行ける距離にあります。
電車で秩父に遊びに来ている人は車が無いので、どうしても日野田店に行くことが多いですよね。

そのため小鹿野店よりも混雑することが多く、開店前から結構行列ができています。

車を停めるスペースも数台分しかありませんので、秩父駅の有料駐車場に車を止めて歩いて行くのが確実です。

開店時間も小鹿野店とは異なり、昼の休憩は無いのですが夕方17時で閉まってしまいます。
昼は混んでたのでまた夜行けば良いか!っていう人は注意が必要です。
一応16:30がラストオーダーになっています。

日野田店の待ち時間

上記の通り、日野田店は西武秩父駅に近く歩いて行ける距離にあるので、観光客の多くは日野田店に行きます。
そのため小鹿野店よりも待ち時間が長いことが多いのですが、シーズンによってかなり差があります。

観光客の多い芝桜や夜祭の時期は本当に行列が凄く、1時間とか2時間とか待つこともあります。
一方、何も無い平日だとそこまで行列は酷くなく、開店時間に行けばすぐに入れることも。

観光客の割合が多い分、シーズンの影響が大きいといったところでしょうか。

味付けはどちらの店舗も基本的に同じ

さて、肝心の味付けなんですが、基本的にはどちらの店舗も同じです。

薄く叩いたロース?の豚肉を揚げて、甘めのタレがかかっています。

ただ、筆者としては、なんとなく小鹿野店の方が美味しいような気がします。
日野田店の方がちょっとタレが甘いような気がするんですよね。
ほんと何となくです(笑)

一応食べログでも、日野田店は3.08ですが小鹿野店は3.58なんですよね。

作る人が違うから、タレの付け具合でも違うんですかね?

車があって小鹿野まで行ける方は、いちおう小鹿野店をオススメしておきます。

まとめ

以上、秩父名物わらじカツ丼の有名店『安田屋』の「日野田店」と「小鹿野店」についてまとめました。

・待ち時間は小鹿野店の方が少ない

・電車で秩父まで来ている場合は日野田店にしか行けない

・味は基本的には同じだが、なんとなく小鹿野店の方が美味しい気がする

最後に全くもって余談ですが、店舗がかなり古いです。特に日野田店。

女性の方はトイレを使用する際には注意が必要です。初見だと多分驚きます(笑)
可能であれば秩父駅などで済ませておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です